読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自閉症の息子くんと、いっしょに。(仮)

息子が自閉症&知的障害と診断されて、色々考えることが増えました。家族4人一緒に暮らしながら感じたこと、考えたこと、とりあえず色々残していこうかな、と。

金スマ

金スマ発達障害をテーマに取り上げる、と聞いたので録画して週末に視聴。何かと話題のSマップさんに対しては良くも悪くも全く興味がないので、例の騒動以来TVでメンバーを見るのは初めてだったりもする。普段見ている番組がどんだけ偏ってんねん、って話ですね。しかし流石に中居さん、老けたなあ。まあ城島リーダーと同い年のおっさんが言えた義理ではないやね。

内容は以前ご自身の発達障害を公表した栗原類さんをゲストに迎えての話と、自閉症スペクトラム障害を持つピアニストの野田あすかさんの密着取材。栗原さんのカミングアウトは一時話題になったしこれまでにもちょいちょい見聞きする機会があったけど、野田さんのことは初見。両方とも変に感動物語に仕上げられていなかったのであまり抵抗なく見ることができた。(気になる演出とか取り上げ方が無かったとは言わない。幾つか「んー、そういう風にまとめるのどうなんかなー」と思うところはあったけど。)

 

ADD/ADHDとか高機能自閉症だと、一見して障害があること、本人が困っていることが周りから分かりづらい。それが悪目立ちして虐められたり、本人の努力不足だと責められたりしてしまうのは、辛いよなあ。以前仕事がらみで聴講した学会でもこんな話を聞いたことがある。ADHD知能指数もボーダーラインにある子が、本人も親も自らの障害に気づかず、頑張っても頑張っても成績が上がらずに苦しみ続けていて、それが何かのきっかけで専門医を受診して発達障害という診断を受けた時に、本人よりも親が泣き崩れて子供に謝ったケースがあった、と。貴方が苦しんでいるのに気付かず、頑張れ頑張れだけで追いつめてきて、ごめんね、と。今回の特集でも、野田さんがインタビューの最後の方で、障害があると診断されてほっとした、というようなニュアンスのことを話していたのが一番印象に残った。高機能には高機能なりの苦労や苦しみがあるんやなあ、やっぱり。

 

しかし金スマって初めて見たけど、あの後ろに大量に並んでいる揃いの服着たお姉さん達は何なんだろう。一々もっともらしい顔で頷いているのも鬱陶しいし、VTR明けて何人かが泣いてるのも押しつけがましくて嫌だ。こういう演出って何かプラスに働いてるところあるんだろうか。よくわからない。あのお姉さん達、毎回出てるんですかね。

よく分からないと言えば最初から最後まで一言もしゃべっていない女性が二人、パネリスト的に並んでいたのも何だったんだか。後からヨメはんに聞いて一人が明石家さんまの娘だと初めて知った。そうかあれが「生きてるだけで丸儲け」の人か。初めて見た。出てるなら何か喋れば良いのに。放送に値するようなコメントが出てこなかったのかどうなのか。よく分からない。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

現在、息子くんを来年度から通わせたいと考えている近所の療育施設への入所希望書類をまとめている。息子くんがどんな発達段階にあるか、普段の様子はどうか、どんなふうに周りを認識してどんな風にコミュニケーションを取っているのか、何ができるのか、何ができないのか。色々振り返りながら、ヨメはんと一緒になって書く内容を考えている。息子くんの自閉症は決して軽い方ではないし、知的障害の程度も比較的重いから、行く末を考えるとやっぱり不安で押しつぶされそうにもなる。少しでも自分の力でできることを増やしてあげること、少しでも安心できる環境を作っておいてあげること。やらなあかんことは多いよなあ、と思うと同時に、今回の金スマのような形でも良いから、少しでも発達障害自閉症知的障害についての情報があたり前のように世の中に行きわたってほしいな、なんてことも考えたりもした。

 

続く。

 

Now Playing:

"Siamese Dreame" by Smashing Pumpkins, 1993

f:id:justitia0730:20161204225507j:plain

 

にほんブログ村 子育てブログ 知的障がい児育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村